kiligihiii’s diary

ぼくは十分に速くあったろうか

ユリシーズの予習2:オデュッセイアを読もう

前回の続きです。

kiligihiii.hatenadiary.com

 

ユリシーズ』は『オデュッセイア』を下敷きに描かれていて、登場人物もそれぞれ対応がある。例えばブルームはオデュッセウスだし、妻モリーはペネロペイア、スティーヴンはテレマコス、と言った具合。『ユリシーズ』の各章(「挿話」と書かれていることが多い)の名前が『オデュッセウス』の人物名とかになっているので、読んでいると「お!これがあれか!」といった楽しさがあった。「元ネタを掘る」という感じである。

オデュッセイア』は『イーリアス』で描かれたトロイア戦争後の話で、オデュッセウスが故郷のイタケに戻るまでの冒険譚である。今回読んだ『ホメーロスオデュッセイア物語』では、出発から帰還までを時系列に沿って再構成されており読みやすかった。

話を盛り上げるため仕方のない展開かもしれないが、オデュッセウスの部下が、ところどころオデュッセウスが禁じることをやって問題が起こる。帰還が送れるのも部下のせいである。また帰還までに何年も時間がかかっているのだが、キルケやカリュプソの元に年単位で滞在していたりと、時間感覚がずれているのはご愛嬌と解釈すればいいのだろうか。まぁ一つ目巨人で魔女やポセイドンや冥界が出てくる世界観に何をっても無駄だけど。

キルケがオデュッセウスの部下を豚に変えるシーンがあるのだけど、これは『千と千尋の神隠し』のヒントになったのだろうか。ナウシカアは『風の谷ナウシカ』だろうし、宮崎駿は『オデュッセイア』が好きなのかも。

第2部はイタケにいるテレマコスが主人公となる。twitterでもつぶやいたけど、これがドラクエ5っぽい。というかドラクエが影響受けていると考えるのが自然ですね。
自分はドラクエ5が好きなので、この視点が変わる構成は好みであった。テレマコス可愛いぞ。

各章で色んなキャラが出てくるし、ロードムービなので読んでいて面白い。『イーリアス』よりオススメです。ジョイスがワクワクしながら読んだのもわかる気がする。

イーリアス』と『オデュッセイア』はホメロスが一人で作ったのかは議論の分かれるところだそうで、それも含めてこの2つの物語の成立過程を知りたくて『ホメーロスの英雄叙事詩』を読んだ。前半のギリシャ時代の成立過程や地理的解説は正直わかりにくい。写真や図のある資料集的なもので整理したほうがいいと思う。それでも新書でコンパクトにまとめっているの読んで損はなかった。1966年に出版されているけど、それ以降に新書という形式でホメロス本が出ていないのはちょっと残念な気がする(多分)。けど需要がないのかな。。。
叙事詩」という形式、自分にはまだ見知らぬ世界が広がっていることを知れた。

ホメーロスの英雄叙事詩 (岩波新書)

ホメーロスの英雄叙事詩 (岩波新書)

 

 

細かいけど気になったところは、「〜のぐるりに」という表現が多いところである。これは自分だけへのメモ。