kiligihiii’s diary

ぼくは十分に速くあったろうか